ツーバイフォー住宅

住宅のグローバルスタンダード ツーバイフォー住宅

北米で生まれ、全世界に広がるツーバイフォー住宅

1800年代初頭に北米で生まれたツーバイフォー住宅は、より安全で快適な住まいへと進化しながら普及してきました。
現在では、米国、カナダでは木造住宅の90%以上がツーバイフォー工法だといわれます。
200年も前に生まれ育ったこの住宅はさらに海を超え、明治時代の日本にやってきました。
あの札幌の時計台もそのとき建てられたものです。
そして、ヨーロッパ、オーストラリア、ニュージーランド・・・北米以外でも高くツーバイフォー住宅は高く評価され、いまや住宅のグローバルスタンダードとなっています。

耐震性

「ツーバイフォー住宅が、地震に強い」のには理由があります。
六面体で支える一体構造だから地震に強い

世界有数の地震国でもある日本において、住宅の「耐震性」は重要な基本性能です。
日本でツーバイフォー住宅が着実に増えている大きな理由はここにもあります。
床・壁・屋根が一体(モノコック構造)となったツーバイフォー住宅。 地震の揺れを六面体の建物全体で受け止めて力を分散・吸収し、荷重が一部分に集中することを防ぐため、地震に対して抜群の強さを発揮します。
また、床、壁、屋根に使用されるパネル自体も、ツーバイフォー住宅の優れた耐震性の源になっています。
建物の床や天井を形成する六面体は、外からの力を分散するとともに、建物のネジレを防止し、建物の変形や倒壊を防ぐ機能をもっています。

壁面におけるツーバイフォーと鉄骨造との比較

■ツーバイフォー

力が一点に加わっても、面全体に分散させることで強さを発揮している。

■一般的な鉄骨造

加わった力が接合部や一部の部材に集中する。

耐火性

「ツーバイフォー住宅は火に強い」建築の世界では常識です。
実は「木は火に弱い」は常識の嘘

木は火に弱い、というお考えではありませんか?
確かに木材は燃えやすい性質をもっています。しかし、ある程度の太さや厚さがある(つまり断面が大きい)木材は、いったん燃えても表面に炭化層をつくるだけ。火は内部まで進行しないため、強度が低下しにくいという性質をもっています。
これに対し、火に強いと考えられている鉄は、550℃を超えると急速に柔らかくなって変形し、その強度が大幅に低下します。住宅の場合、骨組みが崩れて落ちてしまうことにもなりかねません。
実は「木は火に強い」のです。700~950℃にまで達するといわれる現実の火災においても、実大火災実験の結果などから、これは事実として確認されています。

ツーバイフォー住宅の「ファイアーストップ構造」

木は火に弱い、というお考えではありませんか?
ツーバイフォー住宅の場合、火の通り道となる床や壁の枠組材などが、ファイアーストップ材となって空気の流れを遮断。上階へ火が燃え広がるのを食い止めます。
また、床根太、枠組材などが一定間隔で組まれている床や壁の内部構造は、防火区域がいくつもつくられているのと同じ状態です。
この一つひとつの区画によって火の進行はさらに遅くなります。
火災時に防火被覆(石こうボード)が万一突破されても、2重3重の防火機能をもつ「ファイアーストップ構造」によって、ツーバイフォー住宅は初期消火の可能性が高く、火災時の被害を最小限に抑えます。

耐風性

北米生まれのツーバイフォー住宅だから台風・竜巻に強いのも当然です。
台風列島の日本で安心して暮らせる住宅を

「日本は列島全体が台風の通り道になっていて、毎年のように大きな被害をもたらします。こうした台風に、住宅も十分な備えが必要なのはいうまでもありません。
ツーバイフォー住宅は、強風に負けない優れた耐風性を備えた耐風構造。まさに、日本の気候風土にふさわしい住まいです。

ツーバイフォー住宅は、台風・竜巻にも強い

ツーバイフォー住宅の屋根(軒下)は強風に対して、構造的に優れた強度を備えています。
台風以上に強烈なハリケーンが襲う北米で生まれただけに、強風に備える独自のアイデアが採用されているのです。
その一つが「ハリケーンタイ」と呼ばれる、あおり止め金具です。
ハリケーンタイは屋根のたる木と構造壁をがっちり連結し、強風にあおられても屋根が吹き飛ばされないようにします。
また、多雪地の軒先の雪庇対策としても有効な金具です。

耐久性

実際の建築物が物語る、ツーバイフォー住宅の長寿命。
リフォームの現場でも証明された耐久性

築20年のツーバイフォー住宅のリフォーム現場で、壁内に断熱材を充てんするため石こうボードをはがしたところ、内部はほとんど竣工時の状態が保たれていました。
床下もコンクリート基礎により防湿性が保たれ、2階床組みとともに、まったく腐食や損傷が見られませんでした。
オープン工法であるツーバイフォーは、構造が明確で耐久性が高いため、リフォームしやすいという評価もあります。

省エネルギー

断熱性・気密性に優れた、人にやさしい住み心地の家。
ツーバイフォー工法は暮らしにやさしい気密施工

ツーバイフォー工法は合板やOSBなどの面材が防湿・機密材料のため、機密施工にむいた工法といえます。
また、外壁室内内側の石こうボードの下側には全面に住宅用プラスチック系防湿フィルムなどを貼ることで、相当隙間面積(C値)を少なくでき、壁内結露などの問題もありません。

断熱性をより高めるツーバイフォー工法の構造躯体

木のツーバイフォー住宅は、鉄骨住宅のように鉄骨を通じて外気の冷たさが室内に伝わるヒートブリッジ現象もありません。
また、外気温の影響を受けやすい外壁は、ツーバイフォー独自の面構造と壁内に充填された断熱材との相乗効果で、より高い断熱性を発揮します。
そのうえ、最上階の天井、外壁、1階床内部には断熱材を効果的に使用。建物全体を断熱材ですっぽり覆うことで断熱効果をいっそう高めています。

ツーバイフォーは省エネルギー住宅

経済性はもちろん、地球温暖化防止のために最近の住宅でますます重視されているのが省エネルギーです。
断熱性や気密性に優れ、より少ないエネルギーで快適な居住性を実現する“冷暖房効率の高い住まい”が求められています。
面構造のツーバイフォー住宅は、構造自体が優れた断熱性・気密性を持ち、さらにそれを高める技術が投入されている“省エネルギー住宅”です。

仕様・オプション

BDAC Style
スーパーウォール工法
ツーバイフォー住宅